© 2018 numazu-research

美しい海を活かして

「大瀬館」

安田幸則

​ヤスダ ユキノリ

    こんなことやってます

    大瀬館」代表

    沼津駅から約30分海沿いを南下すると大瀬崎という場所がある。
    国道から海へ下ると数件の旅館やダイビングショップが並ぶ。
    海越しに富士山と沼津の町並みを一望でき、小さな湾になっているのが特徴的だ。

    大瀬崎は言わずと知れた日本有数のダイビングスポット。内海、外海、岬と生態系が違い同じスポットでも違う生き物を見ることが出来る。また湾になっていることで風の影響も受けにくくビギナーからプロまで楽しめるスポットなのだ。

    大瀬崎でのダイビングを支えてきたのが大瀬館の安田幸則さん。

    大瀬館は先代が60年前に旅館を開業、安田さんは否が応でもここを継ぐこととなる。
    23歳の時に東京から帰ってきたが、何も無い大瀬崎でこれからどうしようと途方にくれたそう。30歳の時にダイビングのサービスを始めた。それから35年ずっと大瀬崎は今も人気のスポットとして有名だ。

    「ダイビングのサービスが35年も続くと思わなかったんだよね。僕は10年くらいでだめになると思ったんだけど、こんな長く続いたからね、とてもありがたいといった感じです。」

    元々安田さんはダイバーではなかった。東京のダイバーたちが海に入ることを漁協に行って交渉した。

    「地元の我々はお客さんに“勝手にもぐってはだめだよ、漁協とちゃんと話ししてきたのかね?”というと、“してきた”と。漁協が旗もくれるって。それだったらいいだろうと思って。我々は関わらずにお客さんが勝手に交渉して勝手に潜って。お客さんが開拓してくれたんだよ」

    お客さんの気持ちがわかるようにと、自身もダイビングを始めた。
    「初めて潜ったとき、そりゃ感激しましたよ。ストレスがすーっと吹っ飛んじゃって。その感動はね頭の芯から身体にしみ込んでいく感じだね。ダイビングに夢中になる人たちの気持ちがわかったんだよ。」

    海の下の別世界はずっと海と寄り添って生きてきたひとにも衝撃を与えた。

    その頃、大瀬崎でダイビングをしている所はなかった。お客さんに勧められた沖縄の西表島にすぐに行き勉強した。

    「お客さんがみんな教えてくれました。必要な物は何ですかってお客さん聞いて、それをちょっとずつだけど揃えていきました。それから、いっぺんに百人きてもいいように機材を揃えちゃったから、あとはやるだけだったよね。」

    お客さんが作ってくれた道を支えていかなければいけないと、お客さんに寄り添いダイバーとしても大瀬崎の海を感じる生活を続けた。

    「けんかもしたよ。色んなことがあった。先日、市の人からおかげさまで沼津にはダイビングポイントが7カ所もあると言われたんだ。今は当たり前のようにみんなが潜っているのが僕は嬉しい。もし漁協がダイバーを裁判にかけたら、裁判を受けて立つ役割だよって、一人一人のダイバーではなく商売をしている我々だと。幸いにもそんなことはなかったけどね。そういう覚悟だったんだよ。」

    歴史のある大瀬崎のダイビング。それでも年々ダイバーは減ってきているという。

    「これからもっと、大瀬崎の海の魅力を改めて発信し、海の中の世界に感動し、魅せられた想い伝えたい!」

    これからのこと

    そして後継者も課題の一つ。
    今後どうしていくかは模索中で、もちろん今まで通り受け入れて、安全にもぐってもらうっていうことをやってくだろうけど。途絶えさせさたくない。とにかく海が好きな人に継いでいけたらと思っている。

    〈連絡先〉

    大瀬館
    〒410-0244 静岡県沼津市西浦大瀬325−1
    TEL 055−942−2220

    http://oosekan.jp

    大瀬館マリンサービス
    http://www.fuji.ne.jp/~osekan/