© 2018 numazu-research

広い視野を持ってみかん農家を継ぐ

「みかん農家 」

関野 拓郎

セキノ タクロウ

こんなことやってます

大松農園(みかん農家)5代目

先祖代々みかん農家として生計を立ててきた家系の五代目。

次男ということもあり、家業を継ぐという意識はなく、京都の大学を卒業後、そのまま関西のアパレル会社に就職した。

10年間、流行り廃りが激しい業界の最前線で働いてきた。

西浦への移住と就農のきっかけは、結婚して子どもが出来たことだという。

「手の届くところに自然がある生活がしたい」。

子どものことを第一に考えた選択。

みかん農家になって一年、今まで交わらなかった人達と交流していく中で、新しい発見や気付きがたくさんあるが、それと同時に、現状では物足りない部分もたくさん見えてきたという。

 

「全く違う業界にいた僕だから出来ることがあると思っています。そして、この地域をさらに良くするきっかけのひとつになると信じています。」

実は剣道有段者の関野さん。

座右の銘は『継続は力なり』、「様々な経験の中で、継続する事自体の難しさもその先に見えてくる世界も知っているから、その言葉を大事にしている」。