© 2020 numazu-research

パン屋の垣根を超えた地域コミュニティをつくる

「はなぱん」

ヌキナ ハナコ

こんなことやってます

はなぱん・サロンドはなぱん 店主

我入道にあるパン屋『はなぱん』の店主。

28歳までは全く違う仕事をしていたという華子さん。

28歳の時にパン屋になろうと思い、専門学校に入学。

約10年の修行期間を経て、マルシェなどで出店を始める。

そのことがきっかけになり、自身の働き方について考え始めたという。

お店を構えるきっかけはとても単純だったそう。

4年目を迎え、「パン屋の垣根を超えた、地域の人のための場所を作りたい」という想いが形に。

店舗隣をリノベーションし、地元の方々や子どもたちが集まる場所を3月10日にOPENした。

 

「人生一度っきり、いいなと思ったことはカタチにしていくことが大事」という。