© 2018 numazu-research

「普通」の視点がまちを変える

会社員

鈴木尚宜

スズキ ナオノブ

  • Facebook - Black Circle

こんなことやってます

沼津市内某企業 会社員

「一生、沼津で暮らす。

そう考えたとき、自分の奥さんや子どもはもちろん、ここで暮らすすべての人たちにとって住みよいまちにしなければ、という使命感のようなものが湧いてきたんです。」

沼津に事業所を置く大手重電メーカーでエンジニアとして働く鈴木尚宜さんは、沼津で生まれ育ち、沼津工業高校から金沢工業大学へ進学後、就職を機に沼津へ戻ってきた。

転勤で他県から沼津へ来た同僚たちの中には、このまちのどこで余暇を過ごせば良いのかわからないと嘆く人もいて、鈴木さん自身もまた、市街地の衰退を感じていた。

そんな現状を知りながらも、一般企業に勤めるごく普通のサラリーマンである自分が街のために何かやろうということはなかった。

しかし、一年ほど前、市内に新居を構えたことをきっかけに状況は一転する。

この先もずっと、沼津で生きていく。

その思いが、鈴木さんを突き動かした。

「あらためて見ると、富士山に駿河湾、狩野川に香貫山など、ここにはたくさんの魅力的な資源があると気付きました。幸いなことに、力のある大手企業の事業所もいくつかある。衰退の一途を辿っているように見えた沼津が、じつは可能性にあふれたまちだと気づいたんです。」

自分が地域に対してできることを探し始め、沼津市が企画するまちづくりイベントに参加するようになった。まちのトレジャーハンティング、リノベーションスクール、勉強として県外のゲストハウスに泊まるなど、さまざまな経験を通じて視野を広めていった。

まちづくりの課題として、アクティブに活動する人とその他の人たちとの間での温度差が挙げられることは多い。沼津市もまた、それを大きな課題の一つとして抱えている。

まちづくりの当事者、一般企業に勤めるサラリーマンと、二つの視点を併せ持つ自分だからこそ、できることがあるのかもしれない。鈴木さんはそう感じ始めた。

 

「たとえば、僕のまわりにはDIY好きな男性が多いんです。空き物件のリノベーションの一環として壁塗りワークショップを開催すれば、『やってみたい!』と言ってくれる友人や同僚は結構いると思う。楽しみながら市の活動や現状に興味を持ってもらえるイベントが増えていったら、まちづくりを身近に感じてもらえるかもしれない。僕個人にできるのは参加者を募ったりするような小さな働きかけだけど、それが何かを変える可能性もあると思います。」

さらに鈴木さんは、沼津市がまちづくりにおいて企業を味方するために、そのつながりをより一層深める必要性も感じている。

沼津が住みよく面白いまちになればなるほど、企業側にとってもメリットは大きい。

社員が仕事以外の時間を充実させれば、それは暮らしの質の向上につながる。結果的に、離職率が下がったり、市民に対するPRができたりと、企業とまちの関係が深まればお互いにとって利益がもたらされるはずだ。

渦中にいればいるほど「普通」の視点を失いがちになる。

だからこそ、まちづくりにおいて「普通のサラリーマン」という肩書きは重要な意味を持ち、替えがたい強みになる。

人とまち、企業とまちの関係を深める架け橋としての可能性を自分に見出した。

これからのこと

沼津を歩けばたくさんの学生を目にする。

子どもたちの未来に、沼津で暮らすという選択肢を増やすため、優秀な人材が活躍できる場所をこのまちに作りたい、というのが夢だ。

「将来的にはエンジニアとしての経験を活かし、より多くの人が沼津で働きたくなるような新しい雇用の場所を提供できたら、と考えています。」

自分のためだと思うとそれほどやる気が出ないけれど、誰かのため、と思うと頑張れる。

これまでも、支援学校のイベントや地域の祭りの手伝い、サンタ代行ボランティア、河川清掃など、さまざまな社会貢献活動に参加してきた。

沼津は、退屈で何もないまちなんかじゃない。

子どもたちが沼津に誇りを持ち、この先もこの地に暮らし続けたいと思えるような環境を整えること。

まちをく変えていくのは特別な人たちではない。

普通に暮らす人の普通の視点こそが、まちを変える一番大きな原動力になる。